ローデウェイク=ヒュンテル・ファン・ナッサウ Lodewijk Gunther van Nassau

Lodewijk Gunther van Nassau

Workshop of Jan Antonisz. van Ravesteyn (1609-33) In Wikimedia Commons

  • ナッサウ伯 Graaf van Nassau
  • 生年: 1575/2/15 ディレンブルク(独)
  • 没年/埋葬地: 1604/9/14 スライス(蘭)/アルンヘム・聖エウセビウス教会

生涯

ヤン六世の六男。ドイツ語読みで「ルートヴィヒ=ギュンター」と書かれることもあるかもしれません。幼少期に母を亡くしたため祖母に育てられ、2つ上の兄エルンスト=カシミールと一緒に短期間スイスで学び、その後長兄ウィレム=ローデウェイクの住むレーワルデンに移り住みます。兄のフィリップスが彼の教育を担当したようです。軍務に就いたのはエルンスト=カシミールより一足遅く、1594年にいったんフランスのブイヨン公の部隊で、兄のフィリップスと共に従軍しました。

オランダ戦線は1595年のリッペ川の戦いが最初です。このとき、兄フィリップス、エルンスト=カシミール、従兄エルンスト・ゾルムスとともに、少数の騎兵で奇襲をしかけようとして失敗。自らも負傷したローデウェイク=ヒュンテルは、河を泳いで渡りひとり逃亡することができましたが、フィリップスとエルンストは戦死し、エルンスト=カシミールは捕虜となってしまいました。

1596年、イングランド友軍の司令官フランシス・ヴィアーの誘いでカディスの海戦に参加。英女王エリザベス一世の寵臣であるエセックス伯ロバート・デヴァルーとも友人となりました。女王は、カディスでのローデウェイク=ヒュンテルの働きを褒める書簡を、直接父のヤン六世宛に送っています。その後、従兄でもあるオランダ軍総司令官ナッサウ伯マウリッツのもと、騎兵大隊長として1597年の東部遠征を皮切りに、1598年から1602年までその機動力を駆使して各地を転戦しました。1600年のニーウポールトでは騎兵を率いるトップとして勝利に貢献し、その他にもスペインのメンドーサ提督を捕虜にしたり、アルプレヒト大公の乗用馬を捕獲したりと、目覚しい働きをみせています。

1601年6月、同い年の未亡人アンナ=マルガレータとアルンヘムで結婚しています。(ラインベルク攻囲戦の1週間前に慌しく式を挙げています)。なお1600年頃、別な女性との間にフィリップスという私生児が生まれています。

メンドーサ提督の身代金については、当初ローデウェイク=ヒュンテル個人に入るべきものだったのを、連邦議会がオランダ人捕虜(スペインのガレー船漕ぎ手にされていた数千人)との捕虜交換に変更してしまいました。ただ、その後ローデウェイク=ヒュンテルもすぐに結婚しているので、多少の金銭的便宜は図られたのではないかと推測されます。

スライス攻囲戦の1604年、街の奪還に成功して入城を果たした後、当時街に蔓延していたペストに罹り、数日で病死してしまいました。この従弟の死に、マウリッツは人目も憚らず号泣したと伝えられています。本人の遺言で遺体は、兄フィリップスたちの眠るアルンヘムに埋葬されました。夫人との間に子供はなく、夫人も2年後には若くして死亡し、同じくアルンヘムの聖エウセビウス教会に眠っています。

リファレンス