金獅子亭 本館

オランダ近世史―八十年戦争とナッサウ伯の軍制改革
the Eighty Years’ War, the Dutch States Army and the Counts of Nassau

『金獅子亭』は16世紀から17世紀のオランダの歴史を扱うウェブサイトです。

更新記事

ウェイブラント・デ・ヘーストの集団肖像画

17世紀のバロック絵画で「集団肖像画」というと、オランダ画家だとフランス・ハルスに代表されるような、レヘント・議員たち・市民軍など、横並びの集団を扱ったものが一般的です。貴族の場合は、フランドル画家ヴァン・ダイクに代表されるような家族肖像画がありますが、こちらは大抵が一家族(親子・夫婦・兄弟)で、子供が多い場合以外はあまり人数も多くなく、世代もせいぜい三世代、二親等くらいまでがほとんどと思われます。

ナッサウ=ジーゲン伯たち(ヤン七世の息子) Graf von Nassau-Siegen

ナッサウ=ジーゲン伯ヤン七世とその二番めの妻マルガレータ・フォン・ホルシュタイン=ゾンダーブルクの間の息子たちのうち、いちばん上のヨハン=マウリッツを除いた弟たち。ヤン七世の子女は、夭折した子供も含めると、総勢25人になります。ここでの長男・次男等の書き方は、成人した男子のみを数えました。

ナッサウ家と宗教

「アウクスブルクの和議」(1555)から「ウェストファリア条約(1648)までの約1世紀の間は宗教戦争の世紀でもありました。その時代に生きた市民や領民たちは、自らの属する地の統治者の信教に翻弄されました。

このサイトについて

オランダの「黄金時代」のことを Gouden Eeuw(ハウデン・エーウ)といいます。これにLを1文字足すと「金のライオン」Gouden Leeuw(ハウデン・レーウ)となります。ライオンはオランダ共和国やナッサウ家とも関連が深いモチーフです。

別館(姉妹サイト)

本館のほかに別館が3サイトあります。

移転と変遷

現在第6代URLにて運営中です。

  • 2018.03.31 第6代 orange-white.blue に移転のうえ別館を新設
  • 2011.01.10 第5代 nassaublue.net に移転
  • 2009.05.11 第4代 MARUTA に移転
  • 2008.12.13 第3代 News-Handler に移転
  • 2003.03.28 第2代 geocities に移転
  • 2002.05.26 初代 so-net にてスタート