ホーエンローエ諸伯 Grafen von Hohenlohe

Hohenlohe-Scheibler46ps

Scheibler’sches Wappenbuch (1450-1480) In Wikimedia Commons

ホーエンローエ家は古くはドイツ騎士団総長も輩出した名門で、宗教改革以降ルートヴィヒ=カジミールのときに分家し、ホーエンローエ=ノイエンシュタイン家はプロテスタントの家系となりました。ナッサウ家とも複数の姻戚関係があります。

ホーエンローエ=ノイエンシュタイン伯フィリップ Philipp von Hohenlohe-Neuenstein

Filipsvanhohenlohe

Unknown (17th century) In Wikimedia Commons

  • ホーエンローエ=ノイエンシュタイン伯 Graf von Hohenlohe-Neuenstein
  • 生年: 1550/2/17 (独)
  • 没年/埋葬地: 1606/3/6 エイセルステイン(蘭)/エーリンゲン・聖ペトロ&パウロ聖堂参事会教会(独)

生涯

ドイツ出身の軍人で、ルートヴィヒ=カジミールの三男。母はゾルムス=リッヒ家の出なので、ゾルムス伯ゲオルグ=エバーハルトとは6親等くらいの遠い親戚にあたります。また、家督を継いだ兄ヴォルフガングの妻が、ウィレム沈黙公の妹のマグダレーナです。

1575年頃から、オランイェ公ウィレム一世の軍で戦うようになり、ホラント州の副司令官として数々の戦闘に参加しました。上記のとおりホーエンローエ家は名門であり、同じくナッサウ家が過去に神聖ローマ皇帝を輩出した名門であったとしても、その時点でのウィレムは財産も取り上げられた一反逆者に過ぎず、フィリップ自身は彼の部下であるつもりはさらさらなく、同列であるとみなしていたようです。さらに性格はかなり粗暴で無分別、酒乱でもありました。1584年にウィレムが暗殺され、1587年にレスター伯がイングランドに帰国すると、連邦議会は陸海軍総司令官にホーエンローエではなく、若年で経験も少ないウィレムの次男、若干18歳のナッサウ伯マウリッツを立てました。

当然ホーエンローエにとってはこの人事は面白くなく、また、マウリッツにとっても口の軽いこの将軍は信用に値しない人物でした。この二人の仲は非常に悪く、キャンプ内で両者とも酔ったときには決闘騒ぎになることもしばしばで、なんとかオルデンバルネフェルトなどが間に入って仲裁していたようです。蛮勇を恃みとする傭兵気質のホーエンローエと、組織戦を志向するマウリッツとの間には戦略的な共通点もなく、ホーエンローエは無茶な夜討をしかけては失敗し、マウリッツも次第に彼の軍に、前線での砦建設などの危険な仕事しか与えなくなっていきました。実際、ホーエンローエの軍事的な成功は、1597年のトゥルンハウトでの偶発的な勝利が最後であり、1600年のニーウポールトの戦いには、遠征への参加すら認められていません。

マウリッツの姉妹たちをめぐる問題も、両者の不仲に拍車をかけています。ウィレム存命中の1582年に、ホーエンローエはウィレムの長女マリアとの結婚の約束を取り付けていましたが、経済的な問題で先延ばしにされていました。1590年にナッサウ家の所領であるブレダをマウリッツが奪還したことによって経済的には解決をみましたが、当のマウリッツの強硬な反対もあり、さらに結婚は先延ばしにされました。最終的には、ウィレムの遺産について連邦議会が調停を試みることで、1595年になってやっと結婚の運びとなりました。また、マウリッツの全妹のエミリアがポルトガル王の庶子マヌエルと駆け落ちして勘当を受けた際も、ホーエンローエは自分が所有していたデルフトの屋敷をこの夫婦に提供しています。

ニーウポールト後、公職からもはずされたホーエンローエはビューレンで妻のマリアと共に暮らしましたが、ともに高齢での結婚となってしまったため子供はなく、1604年頃から病気がちになり2年後に死去しました。

リファレンス

  • ADB
  • NDB
  • Motley, “United Netherlands”
  • Kikkert, “Maurits”

ホーエンローエ=ノイエンシュタイン=ヴァイカースハイム伯ゲオルク=フリードリヒ Georg Friedrich of Hohenlohe-Neuenstein-Weikersheim

Arolsen Klebeband 01 389 1

Lucas Kilian (1632) In Wikimedia Commons

  • ホーエンローエ=ノイエンシュタイン=ヴァイカースハイム伯 Graf von Hohenlohe-Neuenstein-Weikersheim
  • 生年: 1569/9/5 ノイエンシュタイン(独)
  • 没年/埋葬地: 1645/7/7 ランゲンブルク(独)

生涯

ホーエンローエ=ノイエンシュタイン伯ヴォルフガンクとマグダレーナ・フォン・ナッサウの長男。父方の叔父にホーエンローエ=ノイエンシュタイン伯、母方の伯父にオランイェ公ウィレムを持ち、ナッサウ伯たちとは従兄弟同士ということになります。1610年に父からヴァイカースハイムを継承しました。

典型的な傭兵稼業をした人物です。ジュネーヴ、シエナ、パドヴァの大学で学んだ後のグランドツアーでフランスに赴いた際、まずはアンリ四世麾下でカトリック同盟と戦います。その後神聖ローマ皇帝のもとで、トルコ戦線やハンガリーで戦います。ところが、ボヘミア貴族と結婚したことでボヘミアに基盤を持つことになり、三十年戦争最初期のボヘミアの反乱では、皇帝に対抗する中心人物のひとりとしての役割を演じることとなりました。白山の戦いでは騎兵を率いて参戦しています。

ゲオルク=フリードリヒはこの反乱で敗れたことで皇帝フェルディナント二世から法的権利を剥奪されましたが、皇帝との和議に奔走し、領地ヴァイカースハイムの保持に成功しています。しかし今度は、二度めの結婚の関係でシュヴァーベン・クライスの要職を打診され、それを受諾したことでまた皇帝の不興を買ってしまいます。二度めの法的権利の剥奪は、次の皇帝フェルディナント三世に代替わりするまで解除されませんでした。

ゲオルク=フリードリヒは政治から退くことを条件に許され、ランゲンブルクに隠居しました。もともと文学に造詣が深かったこともあり、余生は詩作に没頭したようです。

リファレンス

ホーエンローエ=ランゲンブルク伯フィリップ=エルンスト Philipp Ernst von Hohenlohe-Langenburg

Philipp Ernst zu Hohenlohe-Neuenstein (1584–1628)

Workshop of Jan Antonisz. van Ravesteyn (1609-1633) In Wikimedia Commons

  • ホーエンローエ=ランゲンブルク伯 Graf von Hohenlohe-Langenburg
  • 生年: 1584/8/11 ランゲンブルク(独)
  • 没年/埋葬地: 1628/1/29 ヴァイカースハイム(独)/ランゲンブルク(独)

生涯

ゲオルク=フリードリヒの弟。叔父のフィリップを頼ってオランダに渡り、オランダ軍の大佐として軍務に就きました。1606年に叔父フィリップからリースフェルトを、1610年に父からランゲンブルクを継承し、ランゲンブルク伯となります。

オランダでの軍務を終えると領地にランゲンブルク城を建設しました。が、44歳の若さで病死しています。

リファレンス