フランドル方面軍の他の将軍たち

Altaarstuk 1586

attributed to Anthonie Blocklandt van Montfoort (circa 1570) In Wikimedia Commons

八十年戦争当時のスペイン軍や皇帝軍は、全カトリック=ヨーロッパから人材を募っています。個別に記事を設けた将軍たち以外にも、個性的な面々がいっぱいです。長生き且つ老人になっても現役の将軍が多いですね。

リファレンス

  • ウェッジウッド, C.V. (瀬原義生 訳)『ドイツ三十年戦争』刀水書房、2003年
  • Wilson, “Thirty Years War”
  • Motley, “United Netherlands”

サンチョ・ダビラ Sancho d’Avila

Sancho d'Avila

Unknown (17th century) In Wikimedia Commons

  • サンティアゴ騎士(1570)
  • 生年: 1523/9/21 アビラ(西)
  • 没年/埋葬地: 1583/3 リスボン(葡)/サン・ファン・バウティスタ教会・アビラ(西)

生涯

カール五世時代にイタリアで名をあげた将軍。当初はアルバ公の護衛隊の隊長として低地地方にやってきました。エグモント伯らを逮捕したのもダビラです。アルバ公失脚後も低地地方に留まり、ミデルブルフ攻囲戦(1572-74)、モーケルヘイデの戦い(1574)などを指揮しました。1576年には、アントウェルペン守備隊の隊長として、アントウェルペン略奪(スペイン兵の狂暴)を主動しています。さすがにこの事件では責任を問われスペインに送還されますが、その後パルマ公ファルネーゼの派遣に伴って、ふたたび低地地方の任務に戻ってきます。

1580年のスペインによるポルトガル併合時、ポルトガルで軍務に就きました。その時の怪我が元で亡くなっています。

リファレンス

  • University Leiden, “Personen
  • Motley, “Rise”

エスケルベック伯バランタン・ド・パルデュー Valentin de Pardieu, Comte d’Esquelbecq

  • エスケルベック伯 Comte d’Esquelbecq、ラ=モット卿 Seigneur de La Motte、グラヴリーヌ知事 Gouverneur de Gravelines、砲兵大将 Lieutenant-Général d’Artillerie
  • 生年: 1520 サン=トメール(仏)
  • 没年: 1595 デュラン(仏)

生涯

フランス生まれの貴族。ラ=モットと呼ばれることが多いようです。スペイン軍の砲兵を率いて戦い、オランダの反乱軍を苦しめました。「ヘントの和平」から「アラス同盟」にかけての一時期、反乱軍に身を置いていたこともあるようです。歴戦の勇士で、1587年のスライス攻囲戦では自身片腕を失っています。70歳を過ぎてからも現役の将軍として、フランスを転戦し、デュラン攻囲戦で戦死しています。

リファレンス

  • BWN
  • Motley, “United Netherlands”

ベルベデーレ侯ルイス・デ・ベラスコ Luis de Velasco, Marqués de Belvedere

Arolsen Klebeband 01 405 1

Unknown (17th century?) In Wikimedia Commons

  • ベルベデーレ侯 Marqués de Belvedere(1616)、サラサル伯、Conde de Salazar(1621)、サンティアゴ騎士(1596)、金羊毛騎士(1622)
  • 生年: 1559 バリャドリッド(西)
  • 没年: 1625/9/13 ダンケルク(仏)

生涯

1594年頃、フエンテス伯に従って低地地方にやってきた軍人。1595年のフロール攻囲戦で名を挙げ、1596年にはフルスト攻囲戦やカレー攻囲戦でアルプレヒト大公のもと将軍となりました。1597年にはフランスに転戦して、翌年スペイン・フランス間の休戦条約「ヴェルヴァン条約」に結びつく活躍をします。以降、スピノラ将軍が現れる前後のオーステンデ攻囲戦までは、スペイン側の将軍としてはトップを張っていたといえるでしょう。ほとんどの戦いの中にその名前を見ることができます。ただし、1600年のニーウポールトの戦いでは、野戦そのものには参加しておらず、後にニーウポールトの街の守備隊として増援に来ています。

1603年以降、フランドル方面軍の騎兵の総司令官となり、その死まで22年間その地位に就いていました。十二年休戦の間はブルゴーニュ方面に派遣され、サヴォイアとのモンフェラート継承戦争などに介入しているようです。オランダとの戦いが再開されるとフランドル方面軍に戻り、スピノラ将軍とともにベルヘン=オプ=ゾーム攻囲戦、ブレダ攻囲戦などに参加しました。ブレダ開城後ダンケルクに赴き、要塞の視察後、急に熱病に罹り亡くなったそうです。

二代に渡ってヌエバ・エスパーニャ副王を務めた同名のルイス・デ・ベラスコ父子(父はサリナス卿、息子はサリナス侯)いずれとも別人です。母方で血はつながっているようです。

リファレンス

  • Motley, “United Netherlands”

デュ・テライユ侯ルイ・ド・コンブールシエール Louis de Comboursier, Marquis du Terrail

  • デュ・テライユ侯 Marquis du Terrail
  • 生年: ? (仏)
  • 没年: 1609/4/16 ジュネーヴ(スイス)

生涯

まんがにでも出てきそうな、あまりにも濃いキャラだったので、思わず登場させてしまいました。こんなやくざな一生ですが、れっきとした侯爵様です。

デュ・テライユは最初フランス軍で軍務についたものの、嫌気がさして脱走し、オランダに亡命。スペイン軍では地雷の専門家として、「スピノラの1605-1606年遠征」時代のいくつかの攻囲戦で活躍します。しかしオーストリア大公のことを悪し様に言ったために身の危険を感じ、フランスに舞い戻って恩赦を求めます。巡礼をおこなうことを条件にフランス宮廷に戻ることを許され、しばらくは滞在しますが、ある貴族と口論になって、あろうことか国王の目の前でその貴族を殺してしまいました。デュ・テライユは再度オランダに逃れ、スペイン軍にもぐりこみます。

が、スペイン軍があまりに薄給なため、今度はサヴォイア公の軍に仕官しようと思い立ちました。ジュネーヴ攻めを目論んでいるサヴォイア公は火薬の使い手を捜しており、デュ・テライユはひとりの工兵を誘って脱走します。しかしサヴォイアに向かう途中、わざわざジュネーヴを通ったため、2人は怪しまれて捕らえられてしまいます。2人とも拷問にかけられ、すぐにジュネーヴ攻めの計画を自白してしまいました。この出来事を聞きつけたフランス国王アンリ四世が、死刑も止む無しと言ってよこしたため、デュ・テライユはジュネーヴで斬首刑に処せられました。

リファレンス

  • Motley, “United Netherlands”

フロッベンドンク伯アントニー・シェッツ Anthonie Schetz

Antony Schetz Baron of Grobbendonck 1635

C.F. Fritschius (circa 1635) In Wikimedia Commons

  • フロッベンドンク男爵(のち伯) Baron / Graaf(1637) van Grobbendonk、ティルブルクおよびホイルレ卿 Heer van Tilburg en Goirle (1604)、スヘルトヘンボス知事 Gouverneur van ‘s-Hertogenbosch、サンティアゴ騎士
  • 生年: 1564 アントウェルペン(白)
  • 没年: 1641 ブリュッセル(白)

生涯

銀行家の家系の出で、父親はロシアやブラジルの貿易を手がけつつ、フェリペ二世の銀行家でもありました。アントニー自身は21人いる子供のうちのひとりですが、結婚によってティルブルク卿となります。カトリックの家系で1589年からスペイン軍に身を投じたアントニーはすぐにスヘルトヘンボス知事となり、1602年と1603年のナッサウ伯マウリッツによる攻囲戦を見事に耐え切りました。

1629年、オランイェ公フレデリク=ヘンドリクによってスヘルトヘンボスは共和国に組み入れられることになります。しかし1637年、70歳を越えたアントニーはルーヴァン知事に任じられ、フランス・オランダ連合軍からルーヴァンを死守しました。そのときの功績で、国王フェリペ四世より男爵から伯とされています。

リファレンス

エスピナル侯カルロス・コロマ Carlos Coloma, Marqués de Espinar

Carlos Coloma

Antoon van Dyck (1641) In Wikimedia Commons

  • エスピナル侯 Marqués de Espinar、イングランド大使、ミラノ総督 Gobernador de Milán
  • 生年: 1566/2/9 アリカンテ(西)
  • 没年: 1637/10/23 マドリード(西)

生涯

スペインの将軍および外交官。軍人家系に生まれ、若年期は地中海方面の戦線に従軍し、その後フエンテス伯に従った仏西戦争(1595年のデュラン攻囲戦等)を皮切りに、オランダ・ドイツ方面を転戦しました。三十年戦争がはじまると、再度オランダ戦線に差し向けられたスピノラ将軍の後を継いで、プファルツ方面軍総司令官となりました。いったんイングランド大使となるも、交渉決裂のため、スピノラ将軍旗下でブレダ攻囲戦に加わっています。(ベラスケスの『ブレダの開城』にも描かれているといわれています)。ふたたびイングランド大使、その後はスペイン本国および執政府の評議員などを務めました。サンティアゴ騎士。

リファレンス

  • Motley, “United Netherlands”

マラテーア公ゴンザロ=フェルナンデス・デ・コルドバ Gonzalo Fernández de Córdoba, Príncipe de Maratea

Arolsen Klebeband 01 409 2

Unknown (17th century) In Wikimedia Commons

  • マラテーア公 Príncipe de Maratra、ミラノ総督 Gobernador de Milán
  • 生年: 1585/12/31 カブラ(西)
  • 没年: 1645/2/16 モンタルバン(西)

生涯

スペインの将軍。「テルシオ」を考案したコルドバ将軍(同名なので注意)の、曾曾曾孫くらいの直系の子孫にあたるサラブレッド軍人。マラテーア公としては彼が初代です。三十年戦争初期、プファルツ遠征で、イングランド軍のホレス・ヴィアー、傭兵のマンスフェルト伯、ブラウンシュヴァイク公等と戦って勝利を得ました。スピノラ将軍の先代のミラノ総督で、スピノラの死後はマントヴァ継承戦争の指揮を引き継ぎます。

1629年、フランス戦線での失敗を理由に軍法会議にかけられた上、再度フランドル戦線に投入されましたが、1632年のマース川沿い遠征ではオランイェ公フレデリク=ヘンドリクに敗れています。

リファレンス

  • Wilson, “Thirty Years War”

サンタ=クルズ侯アルバロ二世・デ・バザン Álvaro II de Bazán, Marqués de Santa Cruz

Álvaro de Bazán y Benavides (Antoon van Dyck)

Anthony van Dyck (1631) In Wikimedia Commons

  • サンタ=クルズ侯 Marqués de Santa Cruz、大貴族 Grande、ミラノ総督 Gobernador de Milán
  • 生年: 1571/12/12 ナポリ(伊)
  • 没年: 1646

生涯

「レパントの海戦」等で有名な同名の父サンタ=クルズ侯アルバロ一世の息子。将軍・提督として陸海両方で活躍しました。若年期は1596年のカディスの戦いにも参加しています。1620年頃までは地中海方面で艦隊を指揮していました。

スピノラ将軍の死後いったんミラノ総督となりますが、南ネーデルランド執政イザベラに招聘され、以降はフランドル軍の司令官となり、ライン地方を中心に陸軍を指揮しました。が、1632年のマース川沿い遠征ではオランイェ公フレデリク=ヘンドリクに敗れています。

リファレンス

  • Guthrie, W.P., The Later Thirty Years War, 2003
  • Wilson, “Thirty Years War”
  • プラド美術館 The Rescue of Genoa

第三代アイトナ侯フランシスコ・デ・モンカダ Francisco de Moncada, 3er Marquès d’Aitona

Anthonis van Dyck 076

Anthony van Dyck (circa 1633/1634) In Wikimedia Commons

  • 駐独スペイン大使(1624-29)、南ネーデルランド執政(臨時) Landvoogd van de Nederlanden (ad interim)、文筆家
  • 生年: 1586/12/29 バレンシア(カタルーニャ)
  • 没年: 1635/8/17 ブリュッセル(白)

生涯

スペインの政治家。駐神聖ローマ帝国大使を務めたことで、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家から信頼を得ます。1629年、スヘルトヘンボスがオランダに奪還された直後に南ネーデルランドに執政の大公妃イザベラの助言者として派遣され、敗戦に混乱している執政府をまとめる役割を果たしました。

同時にフランドル海軍長官にも任じられ、さらに、1632年に陸軍長官のファン・デン=ベルフ伯の離反に伴ってその地位をも継ぎます。1633年には、マース川沿いのステーフェンスウェールトを占領し、数ヶ月に渡ってオランイェ公フレデリク=ヘンドリクの軍を翻弄しました。同年末、大公妃イザベラが死去すると、その次の執政である枢機卿王子フェルナンドがネーデルランド入りするまでの約1年弱、執政代理を務めました。このときに、スペイン本国の意向を受け、執政府の和平推進派を一掃することにも成功しています。

1635年、シェンケンシャンツ攻囲戦の最中、近郊のキャンプで熱病で死亡。なお、幼い頃に「ドン・キホーテ」を読んだことがきっかけで歴史にも精通し、ギリシャ・ローマの歴史についての著作も何冊か遺している著述家でもあります。

リファレンス

アスマル伯フランシスコ・デ・メロ Francisco de Melo

Francisco de Melo, Comte de Assumar

Unknown (1630) In Wikimedia Commons

  • アスマル伯 Conde de Assumar、シチリア/アラゴン副王 Vice-rei de Sicilia/Aragão、南ネーデルランド執政 Landvoogd van de Zuidelijke Nederlanden
  • 生年: 1597 エストレモス(葡)
  • 没年: 1651/12/18 ルクセンブルク(ルクセンブルク)

生涯

枢機卿王子フェルナンド亡き後、南ネーデルランド執政となります。数十年ぶりのハプスブルク家以外の執政。ネーデルランド入りする以前に、ジェノヴァやウィーン大使を歴任し、シチリア副王にまでなっています。

1642年のオヌクール=シュル=エスコーの戦いで勝利をおさめたものの、翌1643年のロクロワの戦いでの敗戦のイメージのほうが強いです。(これはフランス側のあからさまなプロパガンダも原因です)。

リファレンス