武器教練 The Exercise of Armes / Wapenhandelinghe

Jacob de Gheyn - Wapenhandelinge

Jacob de Gheyn (II) (1608) 『武器教練』オランダ語版表紙 In Wikimedia Commons

ナッサウ=ジーゲン伯ヤン七世の監修のもと、画家ヤーコプ・デ・ヘインが版画を制作し、1607年に刊行された “Wapenhandelinghe” 『武器教練』。ここでは日本で入手できるいずれもリプリント版、「ナッサウ伯の軍制改革」の集大成ともいうべき、歩兵の軍事訓練マニュアルをご紹介します。

リプリント版発行に当たっての解説が最初にちょっと載っているだけで、マニュアル本体はモノクロの絵(銅版画)と、その下の短い命令文言のみ。117枚の版画もヘインのものそのまま。当時の司令官たちがこぞって入手し、実際に兵たちにこれを用いて訓練したそのものの内容です。火縄銃・マスケット銃・パイク(長槍)の3種類の武器の使い方が、順を追って載っています。

Musketier mit Gabelmuskete

Jacob de Gheyn (II) (1608) 『武器教練』から In Wikimedia Commons

当時、刊行されるとすぐに、表紙と命令文言が各国語版に訳されて普及しました。ここに挙げているものはどちらも英語版なので、命令の文言も英語で書かれています。オランダ語版の古本などは恐ろしく高価なので、絵だけ見るぶんにはこれで充分です。下記の英語リプリント版は比較的安価で手に入るので、大きさや材質(ペーパーバック/ハードカバー)の好みで選ぶと良いと思います。この時代の軍制改革に興味があるなら、必携の書。というか絵本。

当時の服装や武器などの装備を参照するにも有用な史料といえます。しかもこの117枚の版画は、それぞれ別人をモデルに描いています。少なくとも同じ人物の連続ポーズではなく、新兵から古参兵まで、着ているものや持ち物もそれぞれ少しずつ違うので、そのバリエーションを楽しむこともできます。

ただ、これを見ながらレプリカライフルや物干し竿を振り回したりしないよう、くれぐれもご注意を。

The Exercise of Armes

  • 著者: Jacob De Gheyn
  • 出版社: Dover Pubns, New edition版 (1999/6/30)
  • サイズ: ペーパーバック
  • ページ数: 128p
  • 言語: 英語
  • 発行年月: 1999/6/30

読書メモ

サブタイトル「All 117 Engravings from the Classic 17th-Century Military Manual」。『武器教練』のアメリカ出版社版で、A4よりちょっと大きめのペーパーバックです。英語が読めなくても全く問題ありませんが、読める人はぜひ4ページほどのイントロダクション部分も読んでみてください。地味に有用な情報がいっぱいです。2015年くらいまでは1000円台でも買えたのですが、現在は価格が上がってしまったようです。

残念なことに、この記事のトップに挙げた表紙図版がありません。1ポーズにつき1ページ使っているんだから、表紙にも(できればオリジナルのオランダ語版と英語版)きっかり1ページずつ割いてほしかったのが、若干残念なところです。

The Renaissance Drill Book

  • 著者: Jacob De Gheyn (著), David J. Blackmore (編集)
  • 出版社: Greenhill Books, New版 (2003/07)
  • サイズ: ハードカバー
  • ページ数: 248p
  • 言語: 英語
  • 発行年月: 2006/03

読書メモ

大きさ約半分のハードカバー、イギリス出版社版。逆に倍の厚みなのは、1ページごと1ポーズではなく、紙1枚につき1ポーズだから。つまりこちらはパラパラマンガ対応版といえます。(ハードカバーなのでパラパラしにいくですが…)。タイトルから検索すると、探しづらいかもしれません。イントロダクションもかなり短く、絵本度はこちらのほうがやや上。出版社がイギリスなので、解説では清教徒革命への影響について言及されています。残念ながらこちらにも表紙の図版はありません。

この版のレビューに、「原書は複数言語で書かれているのにこれは英語のみ」なんて書いてあるので、原書はオランダ語版とはいえ、他言語も併記されているのかもしれません。

その他の教練書

オンデマンドプリントなので紙の本を購入するには若干高額ですが、同時代の他の2つの教練書も出版されています。

Horsemen in the 16th & 17th C.: By Jacob de Gheyn & A.de Bruyn

  • 著者: Jacob De Gheyn (著), Luca Stefano Cristini (編集)
  • 出版社: Soldiershop
  • サイズ: ペーパーバック
  • ページ数: 122p
  • 言語: 英語
  • 発行年月: 2017/2/3

読書メモ

デ・ヘインは騎兵の教練書も描いていました。名前もそのまま「騎兵教練 De ruiterschool」です。枚数は歩兵教練に比べれば少ないですが、斥候からピストル騎兵、槍騎兵など、様々なバージョンの騎兵が描かれており、バリエーションが楽しめるのはやはりデ・ヘインならではのところ。同時収録は、デ・ブラインの「16世紀の騎兵」。1577年版なので、デ・ヘインより半世紀近く前ではありますが、こちらはヨーロッパだけではなく中東の騎兵や、女性なども描かれています。

イタリアのオンデマンド出版社からの出版。明らかにカラーコピー感満載ですが、紙も印刷も質は良いです。

Dutch & Imperial Soldiers: By Adam Van Breen & Hendrick Goltzius

  • 著者: Adam Van Breen (著), Luca Stefano Cristini (編集)
  • 出版社: Soldiershop
  • サイズ: ペーパーバック
  • ページ数: 98p
  • 言語: 英語
  • 発行年月: 2016/11/21

読書メモ

000 Book illustrations of Nassausche wapen-handelinge, van schilt, spies, rappier, ende targe

Adam Van Breen (1611-18) 『武器教練』表紙 In Wikimedia Commons

「剣・長槍・盾の教練 The exercise with sword, pike and shield」、武器教練の剣・長槍・盾版です。ちょうどデ・へインの武器教練では扱っていない剣や盾のバージョンとなっています。個人的には、教練書になるほど盾に需要があったのがびっくり。下記のウィキメディアのリンクから内容が見れます。同時収録は、ヘンドリク・ホルツィウスの「ルドルフ二世の軍隊」。

Nassausche wapen-handelinge, van schilt, spies, rappier, ende targe Wikimedia Commons